【太陽光発電】野口健さん「環境破壊に繋がるメガソーラー、早く規制しないと手遅れになる」

【太陽光発電】野口健さん「環境破壊に繋がるメガソーラー、早く規制しないと手遅れになる」

野口健さんのツイート

今さら感ありありですが、しかし、今からでも決して遅くはない。

全ての太陽光発電がダメではないですが、これから設置されようとしている太陽光発電に関してはかなり慎重に判断した方がいい。

特に環境破壊に繋がるメガソーラーに関しては早く規制しないと手遅れになる。

野口健 プロフィール

野口 健は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストン市出身の日本人登山家。亜細亜大学国際関係学部卒業。
生年月日:1973年8月21日 (年齢 45歳)
野口健 – Wikipedia

▼関連ツイート

twitterの反応

環境破壊してまで設置したソーラーパネルが作り出す電力のどこがクリーンエネルギーなんでしょうねぇ……

メガソーラーって、アメリカとか国土が大きくて、平地のような拓けてる場所には適してるかもしれませんが、日本のような山林が多い土地には適してるとは思えないんですよねー。

「買い取り価格 40円」
これを決めた 菅直人と孫正義のイヤらしい笑い顔が忘れられません。

まあ、既存のパネル撤去もやらないと大雨で崩落しやすい土地に近接してる人に被害出るからなあ。
真面目に補助金全廃止考えなきゃいけない段階来てる。

▼ネット上のコメント

・野口さんが声を上げてくださるので関心が高まりましたが、政治家の無関心には困ったものです

・この太陽光発電のせいで、ほかの水力やバイナリーなどの有望で発電効率の高い再生エネルギー開発もかなり遅れています。諸悪の根源です。ヨーロッパ諸国もこれでほぼ失敗している。

・国民が買い取った分負担している事ほとんどの人が知らない。電力会社は買い取り費用を「再エネ賦課金」として、家庭や企業の電気料金に上乗せしてきた。特に太陽光の急拡大に伴い、国民負担は年々増大している。

・孫正義さんが「ニコニコ笑い」ながらメガソーラーと野球でうまく日本を潰してます。騙されるのは日本人。

・台風であんだけ吹き飛ばされてたのに。。。

・もう手遅れのところはたくさんあります💧森や山が破壊され土砂崩れや洪水が起きてます

・太陽光発電は、家の屋根やビルの屋上だけで十分だと思います。

【引用元】https://snjpn.net

Related Posts