高級レストランのオーナーの息子「俺予約なしだけど顔パスでいいよね?」俺「本日満席で…」息子「キャンセルしろ」

高級レストランのオーナーの息子「俺予約なしだけど顔パスでいいよね?」俺「本日満席で…」息子「キャンセルしろ」

高級レストランで働いてんるだが、、ある時2組のカップルが来店しで、男「空いてる?」

俺「本日は店内満席でして」男「あ、俺だよ俺ここのオーナーの息子のTだけど」

俺「あ!T様!いつもご利用ありがろうございます。」

T「予約してないけど、顔パスでいいよね?」

俺「あの実は・・・今日はもう予約が・・・」

T「え?困るよ。父さんの息子の僕が入れないって、おかしいでしょ?父さんにこのこと報告するけど?報告したら君はこの店をクビになるね」

俺「それはちょっと・・・」と困っていたら、予約していた他のお客様が来店。客「19時から予約のMと言います」と、それを聞いたTは突然「君たち予約の人?」

客「はい、そうですが・・・」

T「俺さ、この店のオーナーの息子なの悪いんだけどさ、キャンセルしてよ」

客「はい?俺たちは一ヶ月前からこの店予約してろんですよ。」T君「でも君はこの店の関係者じゃないよね?僕の父さんがいなきゃ本来ここで食事をすることだって出来ないんだよ?また予約し直せばいいじゃないか?」

客「今日は俺達2人結婚記念日なんです。無理ですから。」T「記念日?君たち芋夫婦の記念日にこの店は相応しくないよ。ファミレスとかがお似合いでしょ。」

客「は?てめぇ、いい加減にしろや」T「あーあー。そうやって乱暴な言葉を言うところが芋だよなー本当。」

このままだとヤバイでもどうすればいいか俺も困っていた。その時だった、電話(プルルルル)俺「すいません。ちょっと失礼します。レストランで○○です。あ!え!?あーはい・・・いらっしゃいます。T様、お父様からお電話です。」

T「父さんから?もしもし?・・・・・・え?ちょっと!どういう事!?何で僕が!!?父さん!!!」

俺「あの息子様一体何が・・・」T「何でもない・・・おい帰るぞ・・・」

女「ちょっと!顔パスで入れるって言ったじゃない!!」

何が起こったのかさっぱりわからない。すると背後から・・・「君たちには大変失礼なことをしてしまった申し訳ない。うちのバカな孫が迷惑をかけた申し訳なかった」声の主は今日ここで食事をしていた現オーナの両親、このレストランの初代オーナーだった。初代さまが現オーナーに電話で連絡して、顔パス騒動を報告、現オーナー激怒、店に電話して、息子を強制退店と、こんな流れらしい。ちなみにオーナーから「巻き込まれたお客様には食事代を無料にして」と指示が出た。(お土産も1万円分もお渡し)

初代様曰く「孫は時期オーナー候補だったけど、今回の件で白紙になるだろうな」と目を細めて話していました。

「引用元」https://www.youtube.com

Related Posts