ご飯を食べることができなくなり、衰弱していた迷子の子猫。

ご飯を食べることができなくなり、衰弱していた迷子の子猫。

ある日、フィラデルフィアに住む家族が、路上で子猫の姿を発見しました。子猫はとても痩せ細っていて、体調を崩していました。家族は子猫がご飯を食べられないことに気づくと、すぐに地元の保護団体のところへ子猫を連れて行きました。

見上げる子猫出典:narpscats (lovemeow)

子猫は消化器系の問題で苦しんでいました。子猫はとても空腹だったにもかかわらず、食べることができなかったため、身体に力がほとんど残っていませんでした。そんな子猫のことを知った保護施設『NARPSキャッツ』は、必要な治療を行うために子猫を引き取ることに決めました。

「子猫は脱水症状に陥っていて、とても危険な状態でした。私達が彼女を引き取った時、彼女の体重は僅か300gほどしかありませんでした」とスタッフのシャウナさんは話しました。

見上げる子猫出典:narpscats

『グレーテル』と名づけられた子猫は、ひどい状態だったにもかかわらず、気にかけてくれたスタッフ達に感謝の気持ちを伝えてきました。「グレーテルは喉を鳴らすのを止めませんでした。彼女は周りに誰かがいてくれることに喜びを感じているようでした。」

スタッフ達はグレーテルの体重を増やすために栄養素の高いご飯を食べさせ、点滴で水分補給を行いました。グレーテルはどんな時も不満を言うことなく、スタッフ達に素直に従い、撫でられることを喜んでいたそうです。

見つめる子猫出典:narpscats

「グレーテルはコクシジウム症(寄生虫感染による疾患)を患っていて、駆虫薬や抗生物質などで治療を行いました。」

グレーテルはみんなの助けを借りながら病気と戦い、少しずつ快方へと向かい始めました。そしてついにグレーテルがひとりでご飯を食べ始めた時、スタッフ達は声を出して喜んだそうです。

座る子猫出典:narpscats

グレーテルは毎日回復を続け、体重と力を増やしていきました。またグレーテルは回復と共に好奇心に溢れ、大きな声で鳴けるようになったそうです。

まだ通常よりも随分と身体の小さなグレーテルですが、誰にも負けないくらいの強い意志と大きな心を持っているのです。

鳴く子猫出典:narpscats

2週間の間、24時間の看護を受けたグレーテルは、さらに力強くなりました。グレーテルは体重を600gに増やし、エネルギーを何倍にもしました。グレーテルは瀕死の状態を乗り越え、ここまで辿り着くことができたのです。

見つめる子猫出典:narpscats

グレーテルはもう路上を歩き回って、食べ物や避難場所を探す必要はありません。グレーテルはみんなの力を借りながら、素晴らしい人生へと向かっているのです。

見上げる子猫出典:narpscats

こうしてグレーテルは危険な状態から脱し、新しい人生をスタートさせることができました。きっとグレーテルは助けてくれた人達全てに感謝しながら、幸せいっぱいの人生を歩んでいくことでしょう(*´ω`*)

【引用元】https://eureka.tokyo

Related Posts