妻が夫に40年間隠し続けていたモノ・・・屋根裏から見つかったモノに驚きを隠せない。

妻が夫に40年間隠し続けていたモノ・・・屋根裏から見つかったモノに驚きを隠せない。

ある夫婦の物語

結婚40周年を迎えたこちらのご夫妻。
ビル・ブレズナンさんとクリス・ブレズナンさんはとても仲の良いおふたりです。
ですが、妻のクリスさんには結婚前からある隠し事をしてきたというのです。40周年を迎えた日、クリスさんは思い切ってこの秘密をビルさんに話すことに・・・。

こんなに長い間一緒にいたのに、全く気付かなかったと、驚愕する結果となりました。

はじまりは1975年

若い二人は、ニューヨークからハンプトンズへ向かう列車に乗っていました。

都会から離れた小さなコテージで恋人とつかの間の休日を過ごす予定でした。

 

列車の中で、ビルさんがおもむろにナプキンを取り出しました。

なにかを書いたかと思うと、恥かしそうにそれをクリスさんに手渡したのです。

「君は、僕の人生の中で一番素晴らしい出来事だった。愛してるよ、僕のクリス!」

クリスさんは思わず微笑んだと言います。

ちょっとしたことですが、こうやって形にして表そうとしてくれる気持ちがとっても嬉しいですよね。

最後には永遠という意味を込めて、無限大の記号も添えられていたそうです。

これがはじまりでした。

書き続けたラブレター

その日から、ビルさんは毎日、クリスさんへ愛の言葉を贈り続けました。

40年間欠かすことなくです!

ラブレターを書き、もらう、という習慣がずっと続いているなんて、

なかなかできることではありませんよね。

愛し合うとはこういうことなのかもしれません。

そして、40年目を迎えたある日、

クリスさんは愛の言葉を贈り続けてくれたビルさんへ

秘密を打ち明ける決意をしたのです。

屋根裏をみて

箱を降ろしてきてほしい、そう頼まれたビルさんが屋根裏に行くと、

そこには大量の段ボールが山積みになっていました。

 

中を開けるとそこにはラブレターの束がぎっしり・・・。

40年分のラブレターが1枚残らず保管されていたのです!

それがクリスさんの隠し続けていた秘密だったのです。

ラブレターは1枚ずつ貰った日の日付が書かれ年代別に詰められており、

クリスさんがいかに大切に扱っていたか一目瞭然でした。

その光景にビルさんの目には涙が―。

そこから二人の物語は新たに始まったのです。

25箱いっぱいのラブレター

その晩、ふたりはラブレターを読み返し、当時の思い出に花を咲かせました。

クリスさんはこう語ります。

「私たちの愛の日記のようなものね。

40年のうちからどの日の手紙を抜き出しても、

その時何が起こっていたか、何を感じていたかがわかるの。」

ビルさんの今一番の心配事は、将来さらに年を取って彼女に手紙を書けなくなってしまうことだそうです。

なんて愛に溢れた心配事でしょうか・・・!

こんな夫婦になれるにはどうしたらいいのでしょう。

「愛は、架け橋でなくてはならない橋のようなもの。もちろん、両サイドからね」

なるほど・・・!

いかがでしたか?

こんな映画のようなご夫婦が実際にいるなんて、なんだか嬉しく思います。

ふたりはこのラブレターを1冊の本にまとめることを決めたそうですよ。

結婚生活をしあわせに楽しく続けるには、

お互いの努力がとても大事だということも改めて気づかされますね。

これをきっかけに、あなたも愛する人に会いの言葉を贈ってみてはいかがでしょうか?

Related Posts