「祖母を置いて逃げた」と、自責の念の女子大生へ⇒心療内科の医師が心に響く回答!

「祖母を置いて逃げた」と、自責の念の女子大生へ⇒心療内科の医師が心に響く回答!

自責の念に駆られる女子大生に、心療内科の回答! 東日本大震災は、甚大な被害をもたらしました。 多くの人命が、犠牲になりました。大事な家族を亡くした喪失感は大きいものです。 また、どうしようも無いことにもかかわらず、 「ああすれば、家族が助かったかも知れない」と、 後悔している人も数多いと聞きます。

ある女子大生は、「祖母を置いて逃げてしまった」と、
自分を責める毎日を過ごしていたそうです。

祖母を置いて、逃げてしまった女子大生の苦悩

その女子大生は、東日本大震災時、お祖母様と一緒に逃げていたそうです。
お祖母様は坂道の途中で、「これ以上走れない」と座り込んでしまいました。

彼女は、気丈にもお祖母様を背負って逃げようとしました。
しかし、お祖母様は、彼女に「行け、行け」と言ったそうです。

頑なに、背負われることを拒んだのでした。

それは、お祖母様の、孫娘に対する愛情であり、思いやりです。
我が身が助かることよりも、孫娘が生きて助かることを選んだのです。

お祖母様は、その3日後に、遺体で発見されました。

そのことが、彼女(震災時:女子大生)の心の痛手として残っていました。

(震災で緊急避難)

「祖母に謝りながら1人で逃げました。」

心療内科医の心温まる回答

この女子大生の心の重さに、心療内科医の海原純子さんが、

素晴らしい回答をされています。

(心療内科医)

あなたが、どんなに辛い毎日をお過ごしかと考えます。

あなたはお祖母様を見殺しにされたと思っていらっしゃいますが、
私にはそうとは思えません。

(心療内科医)

一緒に逃げたら2人とも助からない。あなた一人なら絶対に助かる。

そう判断し、あなたの背中に乗ることを頑として拒否したのです。

(心療内科医)

おばあさまは、瞬時に素晴らしい判断をされました。

その判断は正しく、あなたは生き抜いたのです。

お祖母様は、あなたに生き抜いて貰いたかったのですと、
心療内科の海原先生は、女子大生に回答を送っています。

お祖母様は、お孫さん(女子大生)のことを恨んでなんかいません。
きっと、天国から微笑んで、温かく残された人生を見守って下さいます。

ネットの反応

・女子大生さん、おばあさんの分も生きて下さい。
・先生も言っているように、あなたは生かされているんです。
・女子大生さん、辛い出来事を忘れるのではなく、過去の想い出にして下さい
・2人一緒に亡くなったかも知れない。その危険を回避したのは偉いぞ

一緒に逃げたお祖母様を亡くされて、後悔の念を持つ女子大生。
お祖母様は、あなたのことを恨んでいる訳がありません。強く生きて下さい。

Related Posts