88歳女性は毎朝登校する生徒たちに手を振り続けた。最後のお別れの日 窸の外を見た彼女は目を疑つた。

88歳女性は毎朝登校する生徒たちに手を振り続けた。最後のお別れの日 窸の外を見た彼女は目を疑つた。

ティニー・デヴィッドソンは、カナダにある小さな町・コモックスに住む88歳の女性です。 実はティニーには12年間、平日に毎朝欠かさず行っている日課があります。それは、近所の学校に登校する生徒たちに手を振ること。

ティニーは2007年に夫婦でこの町に引っ越してきてからこの日課をはじめたそう。そして夫が亡くなった後も、彼女は一人で欠かさず手を振り生徒たちを見守ってきました。「こどもたちが、窓の向こうからこっちを覗いてるから、手を振るようになったのよ」とティニーは語ります。

そんなティニーに親しみを込めて、生徒たちはいつからか彼女を 「Waving great-granny」(手を振るおばあちゃん)と呼ぶようになり、ティニーは地元ではちょっとした有名人に。

こうして毎朝、自宅の窓越しに地域の子ども達の成長を見守ってきたティニーですが、最近になって高齢者介護施設への入所が決まり、住み慣れた家を離れることに…。

授業が終わったあと、最後の挨拶をすべくティニーの家に向かって歩き出した生徒の数はなんと 100人を超えました。生徒たちは、それぞれ「ありがとう!」や「大好き」と書かれたプラカードや花束を携えて、ティニーの自宅前の庭に集合。

そしてティニーが下校途中の自分たちにそうしてくれたように、みんなで感謝の「投げキス」を贈りました。

生徒たちからの心温るまサプライズにティニーは「これほどまで多くの生徒たちがお別れを言いに来てくれるなんて、本当に驚きました」と居合わせた取材班に目に涙を滲ませながら語っています。

この出来事を報じたCBSニュースのツイートには20万を超える「いいね」や「 ちゃんと「ハンカチのご用意を!」って言ってよ」や「 またこうして、カナダ人は世界一優しい民族だということが証明された」といったコメントが多数寄せられています。

その報せを聞きつけた地元の学校に通う生徒たちは、なんとティニーにお別れの挨拶をするために全員で彼女の自宅を訪問することにしたのです!その時の様子を写した動画をどうぞご覧ください。

優しさの連鎖って、本当に素敵ですね!きっと生徒たちは、ティニーのことを一生忘れることはないでしょう!

Related Posts