【知らないと損する】「エアコンを24時間つけっ放しにしたら電気代が安くなる」を調べてみました!

【知らないと損する】「エアコンを24時間つけっ放しにしたら電気代が安くなる」を調べてみました!

1カ月の間、エアコン暖房を24時間つけっぱなしにおしていた筆者の家と、エアコン暖房を必要なときだけつけていた同僚の家、電気代はどちらの方が安いのか比較してみました。果たして、「エアコンはつけっぱなしの方が電気代がお得になる」という噂は正しいのでしょうか?実際に検証してみました。

そこで今回、 エアコン暖房を24時間つけっぱなしにして電気代がどうなるか実際に1ヶ月実験して試してみました!

さらに、エアコンを必要な時にだけつけていた同僚の家の電気代とも比べてみて、エアコンをつけっぱなしにしておいたほうがよい場合とそうでない場合を検証してみました。

エアコン暖房24時間つけっぱなし、実験の環境を紹介

まずは、今回エアコン暖房を24時間つけっぱなしをした実験の環境を紹介します。

今回は、同僚にも協力してもらって、エアコンつけっぱなし vs. 必要なときだけつける、という形で実験を行っています。

筆者の家 エアコン暖房を24時間、1ヶ月つけっぱなしにする 同僚の家 エアコン暖房を、1ヶ月必要なときだけつかう実験期間は、2015年11月4日~2015年12月2日の約1ヶ月です。

以下に詳細を説明しますが、筆者の家と同僚の家の環境はほぼ同じで、大きく違うのはエアコン暖房の使い方だけです。

筆者の家(24時間つけっぱなし)の場合

筆者の家(24時間つけっぱなし)どうみても散らかっている筆者の家は、典型的な一人暮らしの家で、1K7.2畳です。働いているので平日日中は家におらず、土日もたまに出かけるので家にいないことがあります。

主な家電は、エアコン、ドラム式洗濯機、冷蔵庫、液晶テレビ、ドライヤー、電子レンジくらいでしょうか。特殊な家電はありません。

前月(2015年11月)の電気代は3,005円でした。

今回の実験は、エアコンの設定温度23℃、風量・風向は自動で24時間運転で行いました。

家の場所 錦糸町 家の間取り・広さ 1K・7.2畳 生活スタイル 平日日中はほぼ不在。土日はたまに不在。 主な家電 エアコン、ドラム式洗濯機、冷蔵庫、液晶テレビ、ドライヤー、電子レンジ 契約中の電力 東京電力・従量電灯B・40A 前月(11月)の電気代 3,005円 エアコンの機種 東芝ルームエアコン RAS-2214D エアコンの設定 設定温度23℃、風量・風向自動で24時間運転

同僚の家(必要なときだけつける)の場合

同僚の家(必要なときだけつける)部屋の写真をくれと言ったのにエアコンの写真をくれた同僚の家の環境は、筆者の家の環境とほぼ一緒です。

筆者の家から徒歩1分の場所に住んでおり、1K8.4畳です。生活スタイルもほぼ同じです。

主な家電は、エアコン、ドラム式洗濯機、冷蔵庫、ドライヤー、電子レンジで、ないのはテレビくらいで、筆者の家とほぼ同様です。

契約している電力会社は東京電力で、プランは従量電灯B、アンペアは30Aです。前月(2015年11月)の電気代は2,646円だったそうです(安い)。

今回の実験は、エアコンの設定温度23℃、風量・風向自動で必要な時に運転という形で行ってもらいました。

家の場所 錦糸町 家の間取り・広さ 1K・8.4畳 生活スタイル 平日日中はほぼ不在。土日はたまに不在。 主な家電 エアコン、ドラム式洗濯機、冷蔵庫、ドライヤー、電子レンジ 契約中の電力 東京電力・従量電灯B・30A 前月(11月)の電気代 2,646円 エアコンの機種 三菱電機 霧ヶ峰 MSZ-GV253 エアコンの設定 設定温度23℃、風量・風向自動で必要な時に運転

エアコン暖房24時間つけっぱなし実験の結果の電気代

それでは、気になる電気代を見てみましょう!24時間つけっぱなしの筆者の家 vs. 必要なときだけつける同僚の家、電気代はどのようになったのでしょうか。

まずは、必要なときだけエアコン暖房をつけていた、同僚の家の電気代から!

同僚の家(必要なときだけつける)の電気代

同僚の家(必要なときだけつける)の電気代必要なときだけエアコン暖房をつけていた同僚の家の電気代は3,533円でした!

先月の電気代が、2,646円ですから、微増といった形でしょうか。

10月はエアコンをつけていなかったそうなので、増加分はエアコンの電気代、と考えられるのではないでしょうか。

さて、それでは、24時間つけっぱなしの筆者の家の電気代はいくらだったのでしょうか。

筆者の家(24時間つけっぱなし)の電気代

筆者の家(24時間つけっぱなし)の電気代24時間エアコン暖房つけっぱなしの筆者の家の電気代は4,487円でした!

必要なときだけエアコン暖房をつけていた同僚の家の電気代と比べると、+954円と、皆さんが予想するよりは、電気代は高くなかったのかな?と思います。

ただ、前月エアコンを全く使っていなかった時の電気代が、3,005円ですから、エアコン暖房だけで約1,500円の電気代がかかっている事になります。

エアコン暖房つけっぱなし実験のまとめ

エアコン暖房を24時間、1ヶ月つけっぱなしにした筆者の家の電気代と、必要なときだけつけていた同僚の家の電気代は、以下のようになりました。

実験前の月の電気代 実験した月の電気代 エアコンの電気代(実験前と実験後の差) 筆者の家(24時間つけっぱなし) 3,005円 4,487円 1,482円 同僚の家(必要なときだけつける) 2,646円 3,533円 887円

予想よりは電気代はかかりませんでしたが、それでも必要なときにつけていた同僚の家の電気代よりは高くなってしまいました。

エアコン暖房はつけっぱなしにするべきなのか?

さて、エアコン暖房24時間つけっぱなし実験の結果がわかったところでこの疑問です。エアコン暖房はつけっぱなしにするべきなのでしょうか。

エアコンをつけっぱなしにするメリット・デメリット

まず、今回実験をしていて感じた、メリット・デメリットを整理してみます。

エアコンをつけっぱなしにしたときのメリット 寒い外から帰った時に、いつでも部屋が暖かい つけたり消したりというちょっとわずらわしい作業から開放される エアコンを消し忘れた時の「やっちまった」感からも開放される エアコンをつけっぱなしにしたときのデメリット 電気代が多くかかり、環境にあまりよくない 部屋がいつも乾燥しているので、喉が痛くなったり、肌が乾燥したりする 気温の変化を感じられず、なんとなく生活が単調になる

エアコンの電気代がいちばん高くなるのはこんなとき

エアコンの電気代は常に一定なわけではないんです。

エアコンは設定温度まで室温を上げる間が一番電気代がかかる

エアコンは室温を設定温度まで上げる間が一いちばん電気代がかかるんです。設定温度になってしまってからは電気代はあまりかかりません。

夏よりも、外気温との温度差が大きい冬のほうがエアコンの電気代が高くなる

室温を設定温度に合わせるまでの電気代がいちばん多くかかるということは、室内と外気温の温度差が大きいほど電気代が高くなりやすいということ。お住まいの地域により季節ごとの気温も異なりますが、夏よりも冬のほうが室内と外気温との温度差が大きく、電気代がかかる傾向にあります。

例えば、室内の設定温度を夏・冬ともに25℃と設定したとしましょう。

夏、設定温度(25℃)まで室内気温を下げる場合 室温を30℃~35℃とすると、エアコンは5℃~10℃室温を下げなくてはならない。 冬、設定温度(25℃)まで室内気温を上げる場合 室温を0℃~5℃とすると、エアコンは20℃~25℃室温を上げなくてはならない。

例えば夏の気温が高い地域で、室内気温が40℃まで上がった場合も、設定温度まで下げなくてはならないのは15℃。しかし冬の気温が寒い地域では、室内気温が-5度以下になる地域もあるため、そうした場合は設定温度まで30℃以上上げなくてはなりません。冬のほうがエアコンの電気代が高い!と悩んでいる人は、それが理由のひとつになっている場合も。エアコンのこまめなスイッチのオン・オフは逆に電気代が高くなる場合が!

エアコンの暖房をつけて、室内が暖かくなったからスイッチを切る、また寒くなってきたらスイッチを入れる、というようなエアコンのこまめなスイッチのオン・オフを繰り返していると、エアコンが常に最大運転(設定温度まで室温を上げる運転)をしていることになります。つまり、一番電気代がかかる運転を常にしているということになってしまうんです。

エアコン暖房はつけっぱなしにするべきなのか?その答えはズバリ!

「エアコンの運転は、状況によって変えるべき」なんです。
例えば、

ずっと家にいる こまめにスイッチをオン・オフせずに、つけっぱなしにしたほうが◎ 30分程度の外出や、洗濯物を干すのに5分ベランダに出る場合 こまめにスイッチをオン・オフせずに、つけっぱなしにしたほうが◎ 数時間外出する 一度エアコンのスイッチを切ったほうが◎ 仕事で夜まで帰らない エアコンのスイッチを切ったほうが◎といったように、エアコンの運転は、状況に応じて、使い分けるのがおすすめです。つけっぱなしのメリット・デメリットを知った上で、その日の自分の行動に合わせて使い分けていきましょう。

ひと工夫でさらに節約できちゃう、3つのエアコン電気代節約方法

エアコンを使うときは、これからご紹介する3つの工夫をプラスすることでエアコンの働きを助け、より電気代を節約することができちゃいます。

1.エアコンは自動運転で運転する

エアコンを付けるときは自動運転にしましょう。弱運転のほうが電気代かからないんじゃ……とはじめから弱めの運転をしてしまうと、暖まるまでに時間がかかって逆に電気代が高くなるので注意!

2.サーキュレーターを使う

暖かい空気は上のほうにたまるので、エアコンを運転していてもなかなか暖かく感じない時があります。エアコン暖房時は、サーキュレーターや扇風機を上向きに運転して空気を循環させ、天井付近にたまっている暖かい空気を下の方に降ろしてあげましょう。暖かさを感じやすくなり、設定温度も下げられるので、電気代の節約にもなります。

3.窓の断熱をする

せっかく部屋を暖めても、ガラス一枚の窓は暖かい空気を外へ逃がしてしまうんです!また、窓は外の冷たい空気を部屋の中に取り込んでしまいます。断熱シートを窓に貼ると、外の冷えた空気をシャットアウトでき、暖かい部屋の空気も逃しません。断熱シートはホームセンターなどで購入できますよ。

最後に……エアコン代も含めた全ての電気代が節約できる、電力会社の見直しもしよう!

電力会社の見直しはもうしましたか?自分の生活スタイルに合わせた電力会社のプランに切り替えると、エアコンも含めた全ての電気代が節約できます。電力自由化で電力会社を切り替えた人は、平均で年間18,000円も電気代が節約できていますよ。冬の電気代が心配な人は、電力会社の見直しもしてみよう◎

を使うと、数ある電力会社のプランの中からアナタが一番お得に使える電気料金プランを見つけることができます。まずは診断をしてみて!

Related Posts