海外で騙される人続出!生年月日を巧妙に使った数式トリック。

海外で騙される人続出!生年月日を巧妙に使った数式トリック。

今年に入り海外のネットを中心に話題になった、ある「数式」が存在します。それは英語で「今日だけ!あなたの年齢とあなたの生まれた年(西暦)を足してみて。 すると2018になるはず!これは1000年に1回しか起こらない奇跡なんです。」などと書かれた次のような画像と共に拡散されたものです。

たしかに、この数式通り計算をしてみると「本当に2018(年)になった!千年に一度のミラクルだ!」と一瞬驚くかもしれません。貴重な現象を目の当たりにして、背筋がゾワっとしてしまった人もいるでしょう。例えば1988年生まれの人がいたとします。この人は3月に誕生日を迎えているので、現在30歳です。これを数式に当てはめると「30 (年齢) + 1988 (生まれた年) = 2018」と答えは2018になりますよね。でも、ちょっと待ってください!実はこれ、奇跡でもなんでもないんです。

うっかり騙されてしまう人が多いこの数式は、ただの単純な足し算です。自分の生まれた年に年齢を足せば、現在の年(西暦)と同じになるのは当たり前のことですよね。実は、この数式は2017年にもネットで話題となっており、去年もこの数式に騙された多くの人が下のような画像をSNSなどで友人にシェアしていました。でも、こんな単純なトリックを一瞬でも信じてしまう人がいるのは、なぜなのでしょう?

それは誕生日占いなどを取ってみても分かるように、多くの人が自分の誕生した生年月日や時間に何かしらの神秘的な要素があるのではないかと心のどこかで信じているからかもしれません。さらに「今日だけ!」や「千年に一度」といった言葉には、人を惹きつける魔法の様な効果があります。

このような人間の心理を巧みに利用したトリックは、これからもネットで頻繁に目撃される機会が増えてくるはずです。少なくとも来年は、同じ数式を使った画像を見かけても騙されないように注意してください。

【引用元】

http://share4jp.com

Related Posts