7人が死傷したバス追突事故「運転手1人を責めないで」の声が相次ぐ

7人が死傷したバス追突事故「運転手1人を責めないで」の声が相次ぐ

28日、神奈川県横浜市で路線バスが車に衝突し、乗客の男子高校生が死亡するなど、7人が死傷する事故が発生。

この事故で、路線バス運転手の男性(50)が逮捕された。続報として報じられた事故当時の状況に、様々な声があがっている。

■運転手が意識失い車に追突

報道によると、過失運転致死傷の疑いで逮捕されたのは、神奈川中央交通のバス運転手の男性。

男性は28日夜、路線バスの運転中に赤信号で止まった車に追突し、乗客の高校1年生の男子生徒(16)を死亡させたほか、男女に重軽傷を負わせた疑いがもたれている。

神奈川中央交通は国土交通省に対し、「運転手は事故直前に意識を失った」と報告しており、逮捕された男性も…

「被害者の方には大変申し訳ないことをした。もう車を運転しない」

と話しているという。

■運転手はベテラン、無呼吸症で通院

バス運転手の男性は勤続17年のベテランドライバーで、28日は事故の約2時間ほど前に1時間ほど休憩をとっていたとのこと。

また、神奈川中央交通は男性が睡眠時無呼吸症候群(SAS)で通院していたことを公表。同社は「医師の所見により就業可能」であることを確認し、就業させていたとしている。

■続報に衝撃「なぜ意識を失った?」

報道を受けて、『Yahooニュース』には「運転手がなぜ運転中に意識を失ってしまったのか」について、様々な声が寄せられている。

・何故意識を失ったか?それが大事だろ

・亡くなられた男の子には、ご冥福をお祈りします。神奈中さんは、運転手1人に責任を押し付けるのでなく、きちんと全ての膿を出して下さい。亡くなられた男の子の為にもお願い致します

・居眠りなのか、病気なのか?何故、意識を失うに至ったのかの説明が未だなされていない。その部分を早くはっきりさせてほしいです

毎日生活の足として多くの人が利用する路線バスで起こった死亡事故。事故の原因について、早急に解明してほしいといった声が目立つ。

■同業者を名乗るユーザーから悲痛な声

また、同業者を名乗る匿名ユーザーから、就労環境に関する悲痛な声も。

・同業者です。この運転士さんもあまりにもかわいそうだ。今まで無事故だったんだろ? 無事故の誇り持ってたと思う。この人も被害者だと思う。同じ運転士として涙が出ます

・地方民営バス会社の運行管理者です。乗務員不足は本当に深刻です

・必ずしも事故と労働環境が結びつくものではありませんが、居ても立っても居られない気持ちになりコメントさせて頂きました。この事故は、未来ある青年の将来を奪ってしまった、ものすごく悔しい思いです。運転手が悪いのもわかっています。事故で亡くなられた方のご冥福を心より心よりお祈りします

・バス業界は国が実態を把握して規制をしていかないと益々疲弊するでしょう

深刻な人員不足の影響で、バス業界は過酷な就労環境に置かれている人が少なくないこと、国や行政レベルで改善していかなくてはならない問題が山積していることを訴える声が、続出する事態となっている。

今回の事故と運転手の就労環境との関係性はまだ明らかにされていない。亡くなった男子生徒の冥福を祈るとともに、事故の原因が解明され、再発防止が徹底されることを願うばかりだ。

 

出典元:

https://sirabee.com/​

Related Posts