猫と警備員の攻防、まだ続いてた! 美術館の投稿に思わずほっこり 常連は黒猫と茶トラで…担当者に聞いた

猫と警備員の攻防、まだ続いてた! 美術館の投稿に思わずほっこり 常連は黒猫と茶トラで…担当者に聞いた
 話題になった猫と警備員の攻防、まだ続いていた 美術館の投稿で再注目
  • 2017年に猫と警備員の攻防の様子をツイートし、話題になった尾道市立美術館
  • 27日にも猫の入館を阻止する警備員の写真を投稿し、再注目されている
  • いまも続く攻防に「ほほ笑ましくてたまらない」などのコメントが寄せられた

 

◆いまも続く猫VS警備員

美術館に入ろうとする猫と、それを防ごうとする警備員。そんな攻防をとらえた写真が話題になった尾道市立美術館のツイートが、再び注目を集めています。どうやら今も攻防は続いているようです。担当者に話を聞きました。

【画像】話題の攻防の一部始終はこちら。4枚の連続写真で紹介。向き合い→頭をなで→おなかを抱え→外へ…

前回話題になったツイートは

昨年3月、尾道市立美術館のこんなツイートが話題になりました。

◇ ◇ ◇

にらみ合いー突撃ー防御ー再突破ー捕獲ーお見送り。

本日も近所の黒猫と警備の方の攻防がありました。

特別展「招き猫亭コレクションー猫まみれ」なので入館を許可したいところですが、作品保全のため、丁重にお帰りいただきました。

◇ ◇ ◇

添付された画像には、じっと警備員の様子をうかがう黒猫が、自動ドアから入ろうとしたところを阻止されて、諦めて引き揚げていく様子が写っています。

この投稿のリツイートは7万9千、いいねは9万6千を超えています。

今度は茶トラが

そして今月27日に投稿された4枚の画像。

写っている猫は前回とは異なる茶トラで、自動ドアのあたりで警備員と向き合い、頭をなでられ、そして、おなかを抱えられて外に出される様子がとらえられています。

この投稿に対して、「ほほ笑ましくてたまらない」「4コマまんがみたいですね」といったコメントが寄せられています。

「スタッフが撮影した美術館周辺の猫スナップを時々ツイートしているんです。茶トラはたまにですが、黒猫は週に2~3回はドアから入ろうとして攻防になっています」と美術館の担当者。

近所の飼い猫や野良猫たちが美術館周辺に出没した様子などを、こまめに撮影して定期的に投稿していますが、人気があるのはやはり警備員との攻防だといいます。

再び話題になったことについては、「多くの方にご覧いただき、ありがたいです。猫は気まぐれなので会えたらラッキーですが、ぜひ尾道市立美術館に足を運んでください」と話していました。

【引用元】http://news.livedoor.com/
Related Posts