【レスキュー】5匹の子猫達が住宅火災で発見され、救出!そしてその後は・・・?

【レスキュー】5匹の子猫達が住宅火災で発見され、救出!そしてその後は・・・?

5匹の子猫達が住宅火災で発見され、救出されたがその後のケアに心が痛む

年齢の異なる5匹の子猫達が住宅火災で発見され、深刻に助けが必要な状態でした。
中には生後わずか2、3日の子猫がいました。

5月18日、ノースカロライナ州のAlley Cats and Angelsの創設者であるティア ハグナス代表は、緊急救助と直ちに獣医師の診察を必要とする数匹の子猫に関する数々のメッセージを受け取りました。子猫達はノースカロライナ州ウェンデルの住宅火災で見つかりました。

ティアは、「最初の救助者の1人が子猫を見つけました。子猫達は家の中にいるかどうかわかりませんが、家の近くにいる可能性は非常に高い。」
「年長の子猫はとても人懐っこい猫でした。」最初の救助者の一人であるブルックは、年長者の子猫が救助者達に向かって走り寄ってきたと言いました。

5匹の子猫のうち、3匹は生後わずか2、3日。「初動救助は素晴らしいもので、子猫に酸素投与をした人もいました」

子猫達からは煙の臭いがして、窮地から助けられ、呼吸して、ニャーニャーと鳴き始めました。

里親から24時間看護が必要であることを知らされたティアは、新生子猫の専門医に連絡して、一週間、5匹の子猫を預けられるかを尋ねました。
彼女は感謝しながら言いいました、「はい、私を必要とするので、もう少しかかります。」

ティアが子猫を迎えに行くと、大きな箱の中でタオルと互いに寄り添っていました。
「大きな男の子は、他の子猫の上で子猫達を暖めるために横たわっていました。すぐに救急動物病院に行って検査し、診察した」とティアは付け加えました。

獣医師は、最も若い子猫は3日、中間の子猫は約10日から12日、最長の子猫は約5週と生後を推定しました。

「年上の子猫には重度のURI(上気道感染症)があり、目の感染がひどく、片方または両方を失うかもしれないと思いました」とティアは語っています。

その日の夜遅くにはティアによって子猫達は獣医師の元から離れ、里親の家に連れて行かれ、そこでは病気の子猫と健康な子猫とに分けられました。

「最も小さな子猫達は数日間は具合が良かったのですが、突然2匹の容態が急変し、最善を尽くしましたが、病魔と闘う子猫に哺乳瓶でミルクを飲ませる里親の献身的な尽力にもかかわらず、2匹は亡くなってしまいました。

残された3匹の子猫は回復して、むしゃむしゃと食べています。子猫達は一緒に遊ぶのが好きで、お互いを安心させています。目が良くなり、もはやこの子が目を失うとは信じられなくなりました。

「Exploding Snapという名前の真ん中の子猫は、生後3週間経ち、歩き方と走り方を理解しているので、とても遊び心があります。」とティアは言いました。

最も小さな赤ちゃんであるWizard’s Chessは生後12日で、目を開くようになりました。

赤褐色の子のQuidditchは命を救われて、里親家族を愛し、みんなにキスをして優しく挟みます。
3匹は現在、里親の世話を受け元気にしています。

【引用】love meow

Related Posts