【衝撃】 時速280キロで道路を暴走容疑の男「車の性能を試すためにやった」

【衝撃】 時速280キロで道路を暴走容疑の男「車の性能を試すためにやった」

自動車専用道路を時速280キロで暴走した疑いで35歳の男が書類送検されました。 トンネルの中で乗用車に乗り込む撮影者。車が走り始めると、スピードメーターの針はみるみるうちに振れていきます。大阪市の無職の男は今年1月、東大阪市の「第2阪奈道路」で制限速度を220キロ超える時速280キロで車を運転した疑いが持たれています。時速280キロは東海道新幹線の最高速度とほぼ同じで、スピード違反の摘発としては異例の速度です。男は「車の性能を試すためにやった」と容疑を認めているということです。

城東署などによると、男は動画投稿サイト「ユーチューブ」に走行中の動画を公開。車は運転最高速度を制御する装置が外されていたという。男は容疑は認め、「車の性能を試すため、過去にも10回ほど同じようなことをして動画を上げた。みんなに見てほしかった」と供述。事故は起こしておらず、けが人はなかった。

男が投稿したとみられる動画では、走り出してから20秒ほどで速度が280キロに達し、トンネル内を車やトラックを追い抜いていく様子が写っていた。車は日産自動車の「GT-R」とみられる。

今年1月、大阪に住む無職の男が東大阪市の道路を時速280キロで走行した疑いで書類送検されました。

男は運転しながらその様子を撮影し、インターネット上に動画をあげていました。これは、東大阪市の第2阪奈道路で撮影された動画。運転手は、撮影をしながら運転席に乗り込み、車を発進、みるみるスピードがあがります。車内にも聞こえるほどの爆音がトンネル内に響きわたり、メーターが時速300キロを表示する場面も。この道路の制限速度は60キロで、別の車線を走っていたトラックは一瞬にして抜き去さられました。

インターネット上に投稿された異常な暴走動画。警察が運転手の割り出しを進めたところ、大阪市内に住む無職の35歳の男が浮上しました。警察は、今年8月にナンバープレートのついていない別の車を城東区内で運転した疑いで男を逮捕。男は、今年1月に東大阪市の「第2阪奈道路」で暴走し動画を撮影したことを認めていて、5日、道路交通法違反の疑いで書類送検されました。動画を投稿したことについて男は「車の性能を試すため、みんなに見てほしかった」と話しています。

 

【引用元】

https://onmtp.jp

Related Posts