スタッフが会社に連れてきた保護子猫。すぐにオフィスの人気者になった!!!

スタッフが会社に連れてきた保護子猫。すぐにオフィスの人気者になった!!!

​もし、自分のベットと一緒に会社へ行かれば、仕事が好きになるだろう!ある日、グラフィックデザイン会社に勤める女性が、『ジョーイ』という名前の保護子猫をオフィスへと連れて来ました。女性は保護施設の養育ボランティアをしているのですが、今回預かったジョーイがとても幼かったため、オフィスと自宅で24時間体制の世話をすることにしたのです。

遊ぶ子猫

女性は他のスタッフの力も借りながら、4時間おきに食事とケアを続けました。そのおかげでジョーイは、オフィスでも幸せな時間を過ごすことができたのです。

このオフィスは普段はとても静かですが、ジョーイが来るようになってからは大きく変わりました。フワフワで愛らしいジョーイが、オフィスの中を可愛い鳴き声で満たしたのです。

移動する子猫

「私達はジョーイの姿や声にとても癒されました。ジョーイは1日のほとんどの時間を寝て過ごしていますが、きっとひとりでトイレを使えるくらいに成長したら、少し変わってくるでしょう」と女性の同僚が言いました。

寝ていたジョーイが目を覚ますと、早速キーボードの上を歩いたりしながら、大冒険を始めるそうです♪

楽しそうな子猫

会社の代表もスタッフ達もみんな猫のことが大好きです。そのため女性に休憩が必要な時は、みんなが積極的にベビーシッターになってくれるそうです。

「私達はデスクの上にジョーイがいるだけで幸せです。特に締め切り前の忙しい時は、その癒しの力で私達のストレスを解消してくれます。」

チョコチョコする子猫

スタッフ達はジョーイに会うのが楽しみで、毎朝会社に向かう足取りがとても軽くなりました。もちろんジョーイもスタッフ達と遊ぶのが大好きで、いつも幸せそうな姿を見せてくれるそうです。

気になる子猫

ジョーイとスタッフ達の間には、すっかり信頼関係が結ばれ、お互いになくてはならない存在になっているのです♪

くつろぐ子猫

こうしてスタッフ達はジョーイの世話をし、ジョーイはスタッフ達の心のケアをお手伝いしました。どうやらジョーイはその愛らしい姿で、静かだったオフィスにたくさんの幸せを運んできてくれたようです。

その後、女性は愛らしいジョーイのことを手放せなくなりました。そこで保護施設にそのことを伝えて、正式にジョーイを家族に迎えたそうです♪

眠る子猫

これから先もジョーイはずっと、自分を育ててくれた優しい女性と一緒です。ジョーイはいつも元気いっぱいに遊び回ると、女性に寄り添いながら幸せそうに眠りにつくそうです(*´ω`*)。

引用元:https://eureka.tokyo

Related Posts